menu

【こうじ酵素の口コミ情報cafe】ダイエットの悩みはこれで解決♪

私のダイエットのテーマは「有酸素運動」をどのように生活に取り入れるか

肥満の状態で長期的に生活をしてきましたが、最近のメタボ健診においては肥満である事がかなり危険であると指摘されるようになりました。そのため、ダイエットを本格的にやらなければいけないと考えるようになったのです。

実際のところは、数年前にも本格的なダイエットを始めました。その時には、「ダイエットクッキー」を食べ始めました。ネットにおいても、おからの成分が配合されているダイエットクッキーは人気であり、多くの人が5キロ程度のダイエットを軽々と成功させている情報がありました。

私の場合は、標準体重まで20キロ近くあったので、ダイエットクッキーを半年ほど継続すると、達成できるのではないかと考えていました。

ただ、実際にダイエットクッキーを食事の代わりに食べるようになると、ダイエットクッキーだけでは物足りないため空腹感を我慢する時間が続いていました。いくつかの味のバリエーションはありますが、クッキーの風味にも飽きてきたし、かなりのストレスがあったのです。

そのような問題がたため、3ヶ月程度ほどでダイエットを断念し、通常の食事に戻しました。すると、驚いたことに5日程度で3ヶ月のダイエットの成果である4キロの体重が戻りました。

特に大食いをした訳でもなく、いつもと同じ食事をしているつもりだったのですが、体重計を見てかなり愕然とした状況となったのです。

やはり、私の場合には日々のエクササイズが全くないので、体の脂肪燃焼の効率が下がっている可能性が高いのです。そのため、食事の量が少しばかり増加すると、体が蓄えるカロリーがグンと増えてしまい、すぐに体重が増加してしまいます。

以前の体重に戻った後は、そのまま同じ体重をキープしているので、私の毎日の運動量と、食事で摂取カロリーがちょうど良いバランスになる体重だと分かったのです。ダイエットするには、このバランスを崩していくしかないと考えたのです。

そしてたどり着いたのが有酸素運動となります。有酸素運動は、脂肪を効率的に燃焼させるエクササイズであり、日頃から運動不足の人や高齢者にも勧めることができる、オールマイティーな基本のエクササイズとなります。

それでいて、運動をした時間あたりの脂肪燃焼効率もかなり良いので、「簡単なエクササイズで大きな効果を得る」というダイエットの最も必要となる要因の多いエクササイズとなります。

私が始めたのは早朝ウォーキングでした。朝早く起きて40分程度のウォーキングをする時間を設けるのです。実際にやってみると、寝起きが非常に苦しいことが分かりました。

体を動かして体温が上昇してくると気分的には楽になってくるのですが、朝が弱い私にとっては起きた時のストレスが相当に大きかったので、ダイエット目的の運動どころではなかったのです。

そんな事から、仕事が終わって帰宅してから、有酸素運動のエクササイズをする時間を設けるようになりました。通勤電車に揺られて自宅に帰った後、食事をしてからエクササイズをするために着替えて外に出るのですが、この時お腹いっぱいの状態なので運動が厳しいのです。

有酸素運動の効率を最大限に高めるには、お腹が空腹である必要があります。その状態にしないと、筋肉のグリコーゲンが運動エネルギーとして使われて、内臓脂肪や皮下脂肪などの体脂肪が運動エネルギーに使われない状態となってしまいます。

これらの反省点を踏まえると、ウォーキングダイエットをする時間は、仕事が終わって帰宅する時間がベストであることが分かったのです。そのため、電車に乗る区間を少し減らして、ウォーキングをする必要のある距離を伸ばしていきました。

この方法だと、毎日強制的に歩かなければ行けない状況に追い込まれ、しかも夕食を食べる前の段階のエクササイズなので、脂肪燃焼効率の高い状態で維持する事ができます。

この有酸素運動のスケジュールが私にはぴったりとなったのですが、問題なのは運動シューズです。職場に運動シューズを持って行き帰り際に履き替えるという手間がかかってしまうのが問題となっています。

関連記事