menu

【こうじ酵素の口コミ情報cafe】ダイエットの悩みはこれで解決♪

【こうじ酵素】NHKあさイチでも評判の酵素の働きとは?

(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/shunkameya/62566233.html)

NHKのあさイチで紹介された「酵素」について、ちょっとした物議を醸し出しています。

酵素の力は、私たちの健康や美容に役立つため注目している人が多いですよね。

でも、NHKのあさイチでは…愛知学院大学の大澤俊彦教授が述べた内容に戸惑いを感じている人が多いみたいです。

なぜなら、大沢教授は

・酵素は30~60℃まで活性化し、70℃以上で働かなくなるので少し加熱(70℃)した方が良い
・酵素は胃酸で分解されて働かなくなるから外から摂っても意味がない

というようなことを番組の中で発言されたからです。

最近は酵素ドリンクや酵素サプリなど色々な商品も販売され、その効果を得てキレイになりたい、健康になりたいと頑張っている人が多い中、このような発言は驚き!

▼NHKのあさイチ【大澤教授の発言を検証】

%e8%b5%a4%e6%9e%9d%e6%81%92%e9%9b%84-%e9%a3%af%e5%b3%b6%e6%84%9b%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%80%81%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e5%87%ba%e5%b8%ad%e3%81%ae%e9%81%8e%e5%8e%bb
(出典:http://geinou.aventa-rises.com)

NHKのあさイチで大澤教授が発言した内容は真実なのか…私なりに調べてみました。

▼酵素は30~60℃まで活性化し70℃以上で働かなくなる

大澤教授が「酵素は30~60℃まで活性化し70℃以上で働かなくなる」という事を述べるにあたって根拠としたのがキウイのたんぱく質分解酵素のグラフ。

201204290733398a1
(出典:http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/blog-entry-473.html)

でも、タンパク質分解酵素というのは、9000種類以上もあるとのこと。

そして全てが、このキウイのようなグラフになるわけではなく、ほとんどが48℃~53℃で死滅するといわれています。

もちろん、すべてが48℃~53℃で死滅するわけではなく、加熱したほうが活性が良くなるものもあります。

しかし、大沢教授が断言したように「加熱して食べた方が良い!」というのは、すべてに当てはまることではありません。

▼酵素は胃酸で分解されて働かなくなる

51a4rfj0uul-_sx313_bo1204203200_
(出典:https://www.amazon.co.jp/Enzyme-Nutrition-Edward-Howell/dp/0895292211)

酵素は胃酸に弱いというのはよく聞く話です。

しかし、胃酸で死滅せず胃酸で働く酵素もありますし、胃酸で死滅したように見える酵素も腸に入ってから再び酵素として働くものもあります。

この様な酵素の働きについては、1985年、エドワード・ハウエル博士が「Enzyme Nutrition」で発表しています。この発表の後からは、「酵素は胃酸で死滅する」、「外から摂っても意味がない」という事を言う人はいなくなったそうです。

▼酵素ドリンクや酵素サプリで「酵素は補えない」

depressed woman
(出典:http://empowerment-life.com/?p=5081)

ではなぜ、大澤教授は「酵素は外から摂っても意味がない!」と言ったのか…。

テレビで緊張して言葉が足りなかったのか…などなど、私なりに考えてみたのですが、もしかすると

【現在販売されている「酵素ドリンク」や「酵素サプリ」では酵素は補えない】
と言いたかったのかもしれないと思いました。

実際、酵素ドリンクの殆どは加熱して製造されています。

ですから、熱に弱い酵素は殆ど死滅し、熱に強い酵素が生き残っていたとしてもそれはわずか。

つまり、酵素ドリンクを飲むことによって、体内で不足している酵素を補うというところにはたどり着きません。

▼生きている酵素を摂るなら【こうじ酵素】

o57603840green_iine2
(出典:http://news.ameba.jp/20150813-74/)

あさイチの番組の中で、「酵素は外からとっても意味がない」という発言に、戸惑ったという方は多いと思います。

でも、意味のある酵素、体内で役立つ酵素を摂れば大丈夫!

では、体内で役立つ酵素とは?

その答えは、「熱を加えていない、死滅していない酵素」。

その酵素を摂ることができるのが、ネット上で話題、そして人気になっている【こうじ酵素】です。

こうじ酵素は、7穀米(たかきび、あわ、紫黒米、米、大麦、ひえ、きび)に麹菌以外の菌を入れずに無菌発酵法という製造方法を採用。

この原料や製法だと、熱を加えずに製造できるので、熱を加えて調理する食事、酵素ドリンク、酵素パウダー、酵素ペースト…などでは、摂ることができない生きたままの酵素を摂れますし、ビタミンやミネラルもたっぷり摂ることができるというメリットがあります。

そして、昔から健康に良い!と言われ重宝されてきた麹菌を取り入れることができるので、健康やダイエットに役立てることができますよ。

実際に飲んでみたという方たちの多くが、

・心身ともに調子が良くなった。
・お通じが良くなった。
・運動をしても前より疲れにくくなった。
・朝の目覚めが良い。
・肌荒れしにくくなった。

というように、良い健康効果や美容効果を実感されています。

▼まとめ

shutterstock_87906181

NHKのあさイチで、この酵素についての話が取り上げられたとき、ゲストの平山あやさんが番組の冒頭で、
・酵素すごく良い。
・女の子は肌が綺麗になる。
・身体が軽くなる。

と、毎日飲んでいるという酵素ドリンクをベタ褒めしたところ、番組が進んでいくにつれて大澤教授に「外から摂っても意味がない!」と全否定されてしまう流れになってしまいました。

が、最後のほうでゲストの話を全否定するのはどうかと思い直したのか…

・体内にある酵素を活性化させる(栄養を摂る)という意味で野菜ジュースや果物ジュースは意味がある

と弁明した大澤教授。

酵素ドリンクは、無駄だ!と言い切っても良かったと思うのですが、それをしなかったことに大澤教授の優しさを感じてしまいました。

でもやはり熱処理された酵素ドリンクの効果は、生きた酵素が摂れるこうじ酵素のようなサプリよりも少ないという事は明らかです。

ですから、野菜や果物の栄養ではなく「生きた酵素」を摂りたい!と思うのであればこうじ酵素がおすすめです。

【関連リンク】
⇒麹を使ったサプリが「めざましテレビ」で取り上げられて大反響!!

関連記事