menu

【こうじ酵素の口コミ情報cafe】ダイエットの悩みはこれで解決♪

ためしてガッテンで特集!「レジスタントプロテイン」の正体とは?

皆さんはレジスタントプロテインという成分を知っていますか?

毎週水曜日夜7:30からNHKで放送している人気番組「ためしてガッテン」が、酒粕の効能や調理法について取り上げ放送した際、このレジスタントプロテインについても紹介していました。

でも、この番組の時間帯って主婦は食事の片づけなどで忙しいですし、お勤めの方はテレビの前に座ってじっくりテレビを観れる時間帯ではないので、見逃してしまった!という方も多いのでは?

レジスタントプロテインは健康効果が高くて、しかもダイエットの強い味方になってくれるというものです。
こちらでは、レジスタントプロテインについての情報を紹介します。

▼レジスタントプロテインとは?

20101124_main01
(出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20101124/index.html)

NHK「ためしてガッテン」では、「酒かすは百薬の長」と紹介していました。

酒粕と聞くと、日本酒を造るときの副産物にすぎない、残りものというイメージですし、最近はこの酒粕を食べる人も少なくなっています。

でも、この酒粕こそが健康維持の味方、いつまでも美しくありたい女性の味方になってくれるのです。

▼酒粕の中にレジスタントプロテインがたっぷり!

レジスタントプロテインは、食物繊維のように身体の中で消化されにくいタンパク質の事。

そしてレジスタントプロテインは米の中に含まれていますが、普通に米を食べるのでは殆ど効果が期待できません。

しかし、米から日本酒が作られる段階で、他の成分は次々に分解されていくのですがレジスタントプロテインは酒粕となって残ります。

なぜならはレジスタントプロテインは分解されにくいから。

今までは消化吸収率の高い食品が「良い食品」と考えられていたのですが、最近の研究によってレジスタントプロテインのような消化が悪い食品の効果にも注目が集まるようになりました。

s00074_15
(出典:http://www.azusaya.co.jp/SHOP/s00074.html)

消化が悪い食品の効果と、腸の中を移動しながら、余分な脂質・コレステロールを吸着できる!というもの。

この効果は、消化吸収されにくく分解されにくいレジスタントプロテインだからこそできる吸着作用。

レジスタントプロテインは、腸にある脂質や脂を吸着し身体の外まで運び出して(排泄)する働きを担います。

便に含まれる脂質が増えるので、硬くて出ない…という頑固な便秘が改善されますし、身体の中のコレステロール値は低くなります。

▼ためしてガッテンの実験でも健康効果は証明されている

レジスタントプロテインの効果は、NHK「ためしてガッテン」で行った実験でも証明されています。

「ためしてガッテン」では50gの酒粕を甘酒のような飲み物にして、12名に3週間の間飲み続けてもらったそうです。

その結果、体重が減った人、肌がしっとりした、便通が改善したという声が…。

また、LDLコレステロール値(悪玉コレステロール)が平均で8.2低下!という結果も出ています。

20101124_gp01_01
(出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20101124/index.html)

レジスタントプロテインの効果で、腸内に残っているコレステロールをしっかり吸着して排泄することができれば、肥満予防効果も期待できますからダイエットにも役立ちますね。

▼レジスタントプロテインが含まれる食品、食材

shutterstock_186738278

先ほど紹介した「ためしてガッテン」の実験結果にあるように、酒粕を食べると動脈硬化、心筋梗塞、心不全、高血圧、狭心症、脳梗塞…などの病気の引き金になるLDLコレステロールが下がるのですから、是非、健康のために摂りたいですよね。

また、肥満予防効果も期待できるので、ダイエットしたい!という方も是非酒粕を食べてみてはいかがでしょうか?

酒粕の食べ方は、ネット上で色々調べることができますが、こちらでも少し紹介してみます。

・水2カップ(400cc)・砂糖30g・酒粕50gを鍋にかけ、酒粕を溶かして甘酒に。

20140129_amazakedre_1-thumb-650x434-74540
(出典:http://matome.naver.jp/odai/2139979884807438601)

・酒粕をクリーム状にしてパンに塗り、トースターで焼いてトーストに。

e9f4b8a7775db24e1b4ffa05b9740774153015ba.68.2.3.2
(出典:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1710007169/)

・酒粕大さじ2、酒粕大さじ2、みりん大さじ1、醤油大さじ1、砂糖大さじ1/2を混ぜ、鶏肉や魚に塗って焼く。

original
(出典:http://mery.jp/182305)

他にも色々な酒粕レシピがあるので、好みの食べ方を見つけてみてくださいね。

そして、レジスタントプロテインが含まれている食材は、酒粕だけではありません。

そば、大豆製品(豆腐・納豆)などにも含まれています。

うどん屋さんに行ったらうどんではなく「そば」を食べる、朝食には「納豆」を食べる…というように意識してみると、レジスタントプロテインを多く摂ることができますね♪

▼レジスタントプロテインはサプリで摂れる!

shutterstock_67545514

酒粕の健康効果や肥満予防効果が高いことは分かったけれど…でも、1日にどれくらいの酒粕を食べればいいの?

そこで、調べてみたのですが日本醸造学会の研究からレジスタンスプロテインの必要量を換算すると、「酒粕は約50g」で効果があると発表されたとのこと。

「ためしてガッテン」での実験でも1日50gの酒粕を飲んでいましたね。

でも、酒粕ってニオイが苦手、味が苦手、お酒に弱い、車の運転が心配…という人もいますし、よほど酒粕が好き!という人でない限り1日50gの酒粕を摂り続けることは簡単ではありません。

しかし、サプリメントなら1日50gの酒粕に相当するレジスタントプロテインを簡単に摂ることができます。

例えば「こうじ酵素」なら、身体の細胞を元気にし代謝を高める効果がある酵素とレジスタントプロテインを一緒に摂れます。

koujikoso002
(出典:https://cp.u-u-kan.jp/p0_koso1m_pcn_crm_100)

こうじ酵素は、だるい、元気が出ない、太りやすくなった、肌がくすむ、便秘…というような悩みのある方達の間で話題のサプリですよ♪

【関連リンク】
⇒麹を使ったサプリが「めざましテレビ」で取り上げられて大反響!!

関連記事