menu

【こうじ酵素の口コミ情報cafe】ダイエットの悩みはこれで解決♪

【めかじきの塩麹焼き】麹で臭みが消える!おすすめのお魚レシピです

塩麹を使って【メカジキの塩麹焼き】を作ってみました。

メカジキって新鮮なものでも、結構臭みがあるんですよね。
それに焼くとパサパサになってしまって美味しくありません。

メカジキは切り身で売っていますし、生メカジキで1切れ200円ほど。冷凍ものだと1切れ100円くらいで購入できます。
お値段も安くて、骨がなく、子供でも食べやすい!
もちろん大人も食べやすいのでお料理に便利な魚だと思うのですが、どうしても臭みが気になる…ので、私はあまり食卓にあげていませんでした。

でも、麹のことを色々調べているうちに「塩麹で漬け込んで焼くと、臭みも消えて美味しく調理できる」という事を知りました。

そこで、さっそく塩麹を買ってきて作ってみたら、本当に臭みが消えて美味しい!
パサパサにもならず、ふっくらジューシーに焼きあがりました。

しかも、味付けは塩麹だけでOK!
味が濃いとか薄い…など、失敗もありません。

とっても美味しくできたので、皆さんにもそのレシピをご紹介したいと思います。

■材料(2人分)

・メカジキ2切れ
・塩麹大さじ1.5(市販のもの)
【付け合わせ用として】
・エリンギ(バター炒め)
・ブロッコリー(塩ゆで)
・細ねぎ(小口切り)

材料費

今回は生メカジキを使いました。
2切れで550円。
1切れ275円。
付け合わせや塩麹などをなどを入れても1人分400円ほどで作れます♪

■作り方

Step1: メカジキに水分があればキッチンペーパーで押さえて拭く
3a478542
(出典:http://ruuuuu.blog.jp/archives/2339192.html)

Step2: 1口大の大きさに切る
DSC_8894

Step3: 塩麹大さじ1.5をまぶす
DSC_8896

Step4: 冷蔵庫で1晩置く
DSC_8966

Step5: フライパンにクッキングシートを敷き、焼く
DSC_8967

Step6: 出来上がり
DSC_8969

■作る時に注意したこと

shutterstock_80290396

焼くときはクッキングシートを活用

塩麹で漬け込んだものは、焦げ付くという情報をネットで掴んだので、クッキングシートを敷いて焼きました。

魚を焼いた後、付け合わせのエリンギをソテーするとき、フライパンを洗わなくて済んだので一石二鳥でした。

食べやすくしました

今まで食べたメカジキが、ちょっと生臭い…ということもあったので、我が家の子供達はメカジキがあまり好きではありません。

「塩麹に漬けたから生臭くないよ。」といっても、食べてもらえないと困るので1口大に最初から切り分けておきました。
小さめのほうが箸を伸ばしやすいかな?と。

美味しい!という時も、1口大に切り分けることで、ボリュームアップ感もありますね。
たくさん食べた!という気持ちになれます。

■めかじきの塩麹焼きを食べてみた感想

shutterstock_371772010
メカジキの塩麹焼を食べてみた感想をご紹介します。

臭みは?

まったくありませんでした。
血合いの部分も臭みを感じずに美味しく食べることができました。

パサパサ感は?

しっかり焼きましたが、ふっくら焼きあがりました。
パサパサしません。
子供達も美味しいっ!と食べていました。

お弁当にも良さそう!

塩麹によって、臭みが無くなることが分かりました♪
なので、お弁当に入れても美味しいおかずになりそうです。

メカジキは、照り焼きなどにしてお弁当に入れるとどうしても臭みが気になりました。
なので、お弁当に入れる魚というと鮭ばかり…。

次回作ったときは、お弁当のおかずに入れてみようと思います。

■ところでメカジキってどんな魚?

NationalGeographic_1084166_600x450
(出典:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9859/)
メカジキは、口のところがこのように鋭い吻(ふん)があります!

私は切り身しか見たことがなかったので、ちょっとびっくり。
でも、メカジキは深海に生息しているので、一般の人が海で遭遇することはなさそうです。
また、メカジキの攻撃でヒトが負傷したり死亡したりすることもほとんどないそうですよ。

そんなメカジキにはどのような栄養があるのか、調べてみました。

メカジキの栄養

メカジキには、カリウム、DHA、EPAがたくさん含まれているそうです。

DHAといえば、脳の構成成分として欠かせない脂肪酸。
お肉からは取りにくい成分なので、魚から取りたい栄養素です。

また、タンパク質の代謝に関わるビタミンB6も含まれます。
ビタミンB6は、女性ホルモンとのかかわりが強いので生理不順や更年期障害の予防など女性に嬉しい成分。

さらには、若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEも多く含まれています。
ビタミンEは、抗酸化作用があります。
健康や美容に欠かせないビタミンですよね。

■あとがき

DSC_8981

今回は、生メカジキを使ってみましたが、これだけしっかり臭みが消えれば、冷凍のメカジキでも美味しく食べられそう♪

それにメカジキは、女性の健康や美容に良い成分もたくさん含まれていることも分かったので、これからは積極的に食べたいと思います。

前の日の夜に漬け込んでおけば、後は焼くだけなので、お勤めや育児で忙しい人でも簡単に夕飯の一品にできます。
是非、皆さんも試してみてくださいね。

関連記事