menu

【こうじ酵素の口コミ情報cafe】ダイエットの悩みはこれで解決♪

【塩麹であっさり肉じゃが】スープまで美味しいレシピです!

塩麹を使って【肉じゃが】を作りました。

使ったお肉はお手軽価格の豚バラ肉。

実は、私はバラ肉は脂身が多いのであまり好きではないのです。
バラ肉は安くて家計は助かるのですが、脂がムゥッとくる臭いが苦手。

なので、我が家の肉じゃがは牛肉を使ったり、豚肉を使うならしゃぶしゃぶ用のお肉や細切れを買い、脂身を取り除いた状態で使うなど、ちょっとお金と手間がかかっていたのです。

ですが、塩麹は肉の臭みを消す効果もある!という事なので、バラ肉を使った肉じゃがにチャレンジしてみました!

また、1パックのお肉を小分けして冷凍するのが面倒でしたので、余った豚バラ肉で塩麹炒めを作りました。

■【塩麹で肉じゃが】の材料(2人分)

・じゃがいも 1個
・にんじん 1/3本
・玉ねぎ 1/4個
・塩麹 大さじ1/2(市販のもの)
・豚バラ肉 50g
・だし汁150ml

材料費

じゃがいも50円、にんじん15円、玉ねぎ15円、豚バラ肉100円くらいです。
なので、塩麹を含めても200円ほどでできます♪

■作り方

Step1: 豚バラ肉に塩麹をまぶし30分ほど置く。
DSC_9099

Step2: ジャガイモ・にんじん・玉ねぎを切る。
DSC_9091

ニンジンはジャガイモよりも火が通りにくいので小さめに切ります。

Step3: 鍋に「1」の豚肉と「2」の野菜を入れる。
DSC_9104

Step4: 「3」にだし汁を注ぐ。
DSC_9106

Step5: 「4」落とし蓋(クッキングペーパー)をして火にかける。
DSC_9108

Step6: 中火で8分ほど煮る(人参が柔らかくなるまで)
DSC_9110
ニンジンにつまようじを刺して、柔らかくなったかどうかを確かめました。

Step7: 枝豆を散らして火を止め、お皿に盛ったら出来上がり♪
DSC_9111

■塩麹の肉じゃがを食べてみた感想

shutterstock_214920007

私はあっさりしていて美味しい!と思いました。
脂のムゥッとした臭いも消えていましたし、スープも美味しい!

甘辛醤油味の肉じゃがは、煮汁を飲もう…とは思いませんが、塩麹の肉じゃがは煮汁も美味しそうだったので飲んでみたら、とても美味しかったです!

また、甘辛味の肉じゃがはどうしてもごはんが欲しくなりますが、この塩麹のあっさり肉じゃがならごはんはなくてもOKなので、ダイエットにも良さそう♪

ですが、「肉じゃがじゃない!」と、子供達に言われてしまいました。

肉とジャガイモの煮物なので、肉じゃがなのだけれど…。
肉じゃがというと、甘辛醤油味というイメージがあるようで、子供達には不評でした。

■余ったバラ肉でもう一品!【豚バラの塩麹炒め】

●材料(2人分)

・豚バラ 150g 
・細ねぎ (小口切り)
・枝豆 適量(飾り用)
・塩麹 大さじ1(市販のもの)
・塩コショウ 少々

●材料費
豚バラ・塩麹・細ねぎなどを含め250円くらいです。

●作り方

Step1: 豚バラに塩麹を絡めて1時間ほど置く
DSC_9113
Step2: フライパンでお肉がコリコリになるまで炒める

豚バラから脂がかなり出るので油を敷かずに炒めます。
途中で何回か、豚バラから出た油をキッチンペーパーで吸い取りました。

Step3: 仕上げに塩コショウを軽く振り、小口ねぎを乗せたら出来上がり。
DSC_9114

バラ肉の塩麹炒めは子供達にも好評

コリコリした食感と塩麹の旨みの効いた塩麹炒めは子供達にも好評でした。

バラ肉は安く手に入ります。
塩麹に漬けておけば、焼くだけなので調理時間も短くて済みます。

忙しい時にも簡単にできるレシピですし、臭みも消えて食べやすくなるので、これからは豚バラ肉も積極的に使っていこうと思いました。

■豚バラ肉って体にいいの?悪いの?

shutterstock_181373942

そもそも豚肉の脂って健康に良いのでしょうか?
見るからにギトギトしていて健康に悪そうなイメージ…。

そこで、豚バラ肉には、どのような栄養があるのか?調べてみました。

疲労回復・美容・ストレス・花粉に良い!

豚のバラ肉には、ビタミンB1、ビタミンB6がたっぷり含まれているとのこと。

●ビタミンB1の効果
ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える作用があるので疲労回復に効果的。
また、皮膚の新陳代謝を促すので肌荒れや乾燥肌を予防。

●ビタミンB6の効果
脳内物質のセロトニンの生成を促しストレスや不眠症の改善に効果的。
また、免疫を正常化する効果があるので花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患に効果的。

脂にも栄養がある!

豚肉の脂には、コレステロールを下げる脂肪酸、鉄、リン、カリウム、コラーゲンなどが含まれているとのこと。

なので、絶対避けた方が良い!というものではないようです。

でも…。

脂は落とした方が良い!

b1
(出典:https://news.cookpad.com/articles/2061)

やはり豚肉の脂は高カロリー。

上の表を見ても分かるように、バラ肉とひれ肉では100gあたりのカロリ―の違いが、なんと300kcalもあります。

なのでカロリーを気にする人は、バラ肉を使う時は茹でるなどして、少し脂を落としてから使ったほうが良いようです。

食べ過ぎないようにすれば健康に良い!?

豚肉の脂は良いか?悪いか?どっち…?というと、世間一般的な意見として、特にダイエットしたい人には「悪い」という結論のようです。
なぜなら、先ほどご紹介したように高カロリーだから。

でも、脂は脂で栄養もあるし旨みもある食材。

なので私は、どのような食材もそうですが、豚バラ肉も「食べ過ぎないようにすれば健康に良い!」という結論で締めくくりたいと思います。

バラ肉など脂肪が多いお肉を焼く時はフライパンには油を入れずに焼き、焼いている段階で溶けだした脂をこまめにキッチンペーパーで吸い取る様にすれば、カロリーダウンもできますよね♪

少し工夫することでカロリーダウンできたり、美味しく食べられるなら敢えて排除しなくても良いかな?と私は思います。

あとがき

DSC_9116

いかがでしたか?

醤油味のこっくりした肉じゃがも美味しいけれど、塩麹で味付けする肉じゃがは超あっさり!で優しい味わいのレシピです。

豚バラはカロリーが高いとのことでしたけれど、肉じゃがに使う量なら少量なので高カロリーではないですし、健康にも良さそうな薄味で旨みがたっぷりの肉じゃがが出来上がりました。

でも、あっさりしすぎていて、甘辛の味=肉じゃがの味というイメージの子供達には不評。

私は、ジャガイモはホクホクでニンジンも甘くなって、お肉もさっぱり臭みがなくて美味しかったのですが…。
スープを飲んでみたら、またこのスープがとっても美味しくて感動しました!

病み上がりや暑い時などあっさりしたものが食べたいという時にも、塩麹味の肉じゃががおススメだと思います。

そして、皆さんも塩麹の肉じゃがを作ってみたら、是非、スープも召し上がってくださいね♪
塩麹の旨み、野菜の旨み、お肉の旨みが合わさってすごく美味しいですよ。

関連記事